術後のケアは大切|クマやほくろ除去はレーザー治療!コンプレックス改善の方法を紹介

ほくろ除去の治療をした後の肌保護はとても重要!

術後のケアは大切

女の人

不安を感じてしまう患者も多い

ほくろは自分の力で取ろうとして簡単に取ることはできず、無理やり切除すると一生の傷跡として残る可能性があります。適切にほくろ除去したいと考えているならほくろ除去をしてくれるクリニックへ訪問して治療を受けましょう。実際にほくろ除去の手術を受けて失敗した人も多いです。症例がインターネットの口コミサイトなどで情報が掲載されているので、それらもチェックしておきましょう。成功談や失敗談など、どちらの体験談も知っておくとこれから手術を受けるのかを検討しやすいです。インターネットには最新の口コミ情報も更新されているので、新しい情報を知りたいときはインターネットの情報も参考にしてみましょう。

手術に成功してもその後の処置が大事

一度レーザー治療などでほくろ除去をして、見た目にはほくろが見えなくなっても安心してはいけません。もしかしたら根本にはまだほくろが少量残っている可能性があります。ほくろは完全に除去しなければ、時間の経過とともに再生してしまいます。また肌に紫外線が当たるとメラニン色素を発生させるため、治療後紫外線を浴びることが多くなるとほくろを作りやすい肌になってしまうでしょう。手術をしたとしても安心せず、その後の処置も怠らないようにしてください。医師からアフターケアの説明もしてくれるので、術後の生活の仕方にも注意しましょう。紫外線を浴びないとともに肌に負担をかけるような動作をしないよう気をつけておけば肌の再生も早くなります。

術後は保護をしておこう

レーザー治療やくり抜き法、電気メス治療など様々な治療法でほくろ除去をすることができます。しかし術後はまだ肌が綺麗な状態ではないことが多いです。その後のアフターケアで綺麗な肌になるかどうかが変わってくるので、術後はしっかり肌を保護するようにしましょう。手術した箇所を保護するためには専用の絆創膏や保護テープなどを使用していきます。肌を保護することで保湿維持をして、傷の完治を早める効果が期待できるのです。また必要に応じて軟膏を塗ってから保護テープを貼っていくこともあります。しっかりと肌を保護しておくことにより、少しずつ新しい肌を再生することができます。肌を保護するためのテープや絆創膏はほくろ除去の手術をしてから7日間や10日間だといわれています。1日のうちの24時間剥がさずそのまま貼っておくようにしましょう。

治療をする前に知識を身につけておく

ほくろ除去は単純なものかと思われがちですが、そうではありません。治療法やアフターケアの方法次第ではほくろが綺麗に取れず失敗することもあるのです。除去の方法やアフターケアの方法について基本的な知識を身につけるようにしましょう。そうすることで医師と診察をするときにも詳しく相談をすることができます。また治療法の希望があればそれも医師に伝えておくと良いです。ほくろ除去の中で一番安全だと言われているのはレーザー治療ですが、その他の治療法にも様々な特徴があるので、そこから自分に合った治療法を探しましょう。また医師とのカウンセリング時に医師からおすすめしてくれる治療もあります。自分自身の知識とともに医師の話を聞いて判断するようにしてください。

広告募集中